X

Guitar Pro 7の主な機能


 新しいインターフェイス

インターフェイスは、より現代的で、より使いやすくなります。 ツールバーにはソフトウェアの主な機能が含まれており、インスペクタで楽曲の選択とトラック設定が簡単に行えます。

 パフォーマンスと使いやすさ

ソフトウェアの起動とファイルの読み込みが強化されました。 スクロールとズームの両方がスムーズになりました。 インストール/更新プロセスも改善されました。

 高解像度対応

このソフトウェアは、高解像度スクリーン(RetinaおよびHD)と互換性があります。

 楽譜表示の品質

スコア表示エンジンは、より現実的でプロフェッショナルな楽譜のために完全に書き直されています。

 新しい楽譜表記要素

表記には、ゴルペ、スクラッチ、デッドスラップが含まれています。 標準的な表記法でチョーキングを書くことが強化され、スコアのさまざまな要素間の競合の管理が改善されました。

 すべてのトラックのタブ譜

ギターのようなフレット付き楽器に加えて、標準表記は自動的にタブ譜に変換されます。これはピアノ、ボイス、ドラムを含むすべてのトラックで自動的に切り替わります。

 Guitar Proにギターを接続

Guitar Proに接続された外部サウンドカードにギターを接続し、特定のファイルのどのトラックでもモデル化されているようにエフェクトを適用します。

 ポリフォニックチューナー

6つの弦を、1回のストロークでチューニングを確認します。

 新しいサウンドバンク

ドブロ、フラメンコ、マヌーシュ、7弦ナイロンギター、エレクトリックシタール、フレットレスベース、ジャズダブルベース、アコーディオン、メロトロン、ハーモニカ、バグパイプ、新しいシンセサイザー、ドラムマシンなど、多くのサウンドが追加されました。

 ステレオサウンド

すべてのアコースティック・インストゥルメントに対してモノラルとステレオのどちらかを選択し、ドラムキットに自動的に空間を追加することができます。

 簡略化されたオーディオ調整

サウンドバンクとエフェクトチェーンを組み合わせた1000種類以上のプリセットからサウンドを選択して変更します。

 ミキシングMIDI / RSE

Guitar Pro 7では、任意の単一ファイル内で、MIDIトーンを使用するトラックとRSEトーンを使用するトーンを混在させることができます。

 楽器パネル

バーチャルインストゥルメント(ギター、ベース、バンジョー、ピアノ)のウィンドウはリサイズ可能です。

 ファイルのロック

誤って変更されないようにファイルをロックすることができます。 パスワードを開いたり編集したりしないように、パスワードを追加することもできます。

 新しいオーディオ書き出し形式

MP3、FLAC、およびOgg形式は、RSE(Realistic Sound Engine)トラックを書き出すときに使用できます。 1回の操作ですべてのトラックを別々にエクスポートすることもできます。

 MIDIおよびMusicXML形式

Guitar Proとその他の音楽ソフトウェアプログラムとの互換性を高めるため、MIDIおよびMusicXML形式の
インポートとエクスポートが改善されました。

総括...


新しいバージョンのGuitar Pro 7は、楽譜のより完全でプロフェッショナルなグラフィカルなレンダリング、改善されたMIDIおよびMusicXMLの読み込み/書き出し、オーディオ書き出しフォーマットの追加、およびタブ譜数字の使用 等の機能強化が図られています。

ソフトウェアのユーザーフレンドリーさは、創造性をサポートし、オーディオの微調整をこれまで以上に簡単にするために、完全に再設計/モダン化されました。 Guitar Pro 7は、よりスムーズに、より速くなり、高解像度のスクリーンと互換性があります。

また、新しいオーディオライン入力機能により、Guitar Proで楽曲を簡単に楽しく演奏することができます。

Guitar Pro 7をもっと楽しむ方法


ファイル、楽器トラックを作成する
新しいGuitar Proスタート画面パネルでは、最近使用したファイル、楽譜テンプレート、Arobas Musicのプロミュージシャンが作成したサンプルに素早くアクセスできます。 新しいトラック作成ウィザードを使用して、編集するインストゥルメントの作曲と選択を開始し、表記スタイル、チューニング、および適用するサウンドを使用します。
ファイルを開いて再生する
ソフトウェアウィンドウの上部にあるツールバーを見て、シートミュージックの表示と再生の方法を選択してカスタマイズし、表示するセカンダリメニューを選択し、さまざまなGuitar Proの再生と学習ツールを使用します。 2つの表示/非表示可能なサイドパネルが、トラックのサウンドを編集し微調整するために作成されました。
外部サウンドカードを使用して、ギターをソフトウェアに接続します
Guitar Proに接続された外部サウンドカードにギターを接続し、お好みのGuitar-Proトラックで使用されているエフェクトとアンプのモデルをお楽しみください。 ファイルがマルチトラックの場合は、ソフトウェアでベースとドラムのトラックを再生させながら、ギターソロを奏でてください。
すべてのトラックがタブ譜に - 新しい表記要素
T表記オプションは、ドラム、ピアノ、ボイスのすべてのトラックに適用されます。 どの楽器でも、選択した表記法のタイプをクリックするだけです。 新しい要素(ピックスクラッチ、デッドスラップ、ゴルペ)が表記法に追加され、チョーキングの表記が強化され、多くの表記上の衝突の問題が解決されました。
ファイルのロックおよびMP3への書き出し
他のミュージシャンと共有したり、販売用のデータにするときに、楽譜を保護することができます。ファイルをパスワードで保護するには、編集ロックとファイルオープンロックオプションの2つの方法があります。 MP3、FLAC、Oggのオーディオ形式も書き出し形式の選択肢に追加されています。

Guitar Pro 7を試してみませんか?

Guitar Pro 7のRSEサウンドを聞く

Top