X

GP7 - 最新OS対応状況に関して

弊社取扱製品の最新OS対応状況に関してご案内致します。(2019.10.8現在)

Microsoft Windows 10 October 2019 Update

に関しましては、製品リビジョン7.5.2 Build 1620にて開発元の動作確認が取れております。
製品起動後「アップデートをチェック...」メニューより更新を行うことで対応致します。

・Apple macOS 10.15 Catalina

GP6 MAC-Guitar Pro 6およびmacOS 10.15 Catalina

ご存知かもしれませんが、Guitar Pro 6は、2018年4月以降Arobas Musicによって公式にサポートされなくなりました。macOSコンピューターからGuitar Pro 6を最近起動した場合、次の2つのアラートメッセージのいずれかに気付くでしょう。

macos-mojave-32-bit-app-alert.jpg

Capture_d__cran_2019-09-13 ___ 16.39.46.png

 

Appleは、macOSの将来のバージョンで32ビットアプリケーションのサポートを停止することを決定し、この決定はmacOS 10.15  Catalina から適用さます。その結果、macOS CatalinaおよびmacOSの将来の進化でGuitar Pro 6などの32ビットアプリケーションをインストールして使用することはできなくなります。

オペレーティングシステムは絶えず急速に進化しており、今では2010年4月に9年前Guitar Pro 6がリリースされたときとはまったく異なります。

Guitar Pro 6が構築された技術構造は、2010年のオペレーティングシステムに完全に適合していましたが、この構造は現在のオペレーティングシステムとは技術的に異なっています。

その結果、Guitar Pro 6の調整は、Guitar Proの改善に常に専念し、新しい機能の提供に熱心な私たちの小さなチームが実行できない巨大なタスクになります。

ただし、Guitar Pro 6が正常に動作することを保証できなくなった場合でも、macOS 10.14およびそれ以前の互換バージョンのmacOSでGuitar Pro 6を通常どおり使用できるはずです。

Guitar Pro 6を使い続けたい場合は、macOS Catalina(および今後のバージョン)のインストールを避けてください。

macOS Catalinaをインストールし、Guitar Proを引き続き使用される場合は、Appleのこの制限の影響を受けないGuitar Pro 7.5をご検討ください。 

Guitar Pro 7.5は完全にサポートされており、macOS Catalinaと互換性があります。